フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報からパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

今日のパリ 今日のパン

パリから日々の徒然を

フランスの夏至は音楽祭!Fête de la Musique

明日6月21日は夏至です。

太陽が1番長く昇っている日です。

 

日本ですと夏至のイベントってなんでしょうか?

 

フランスではFête de la Musique 音楽祭です

 

Fête de la Musique音楽祭

 

 

どんなイベントなの?

 

1982年以降、毎年6月21日はフランス全土が、音楽祭のリズムに揺れ動きます。この音楽祭(フェット・ド・ラ・ミュージック)は当時の文化相ジャック・ラングによって創設された、一般市民に開かれたイベントです。 日がもっとも長くなる夏至の日に、通りや広場、庭園や中庭、美術館、お城やバー、劇場などフランスのあちこちで多くのコンサートが開かれます。ジャズ、ソウル、ファンクやレゲエ、ポップ、クラシックなど様々なスタイルの音楽を楽しむことができます。

jp.france.fr

 

なかなか粋なイベントですね。

 

冬になると途端に日照時間が短く、日差しが眩しいという期間が短いので、皆ヴァカンスやこうしたイベントで太陽を歓迎してるんですね。

 

 

パリの日没

 

昨日のパリです

 

f:id:p_p_paris:20180620160335j:plain

 

夕日が眩しい教会です。

これでなんと夜の9時30分です

 

日の出が朝の6時前ですからすごい日照時間ですね。

だからサマータイムというものが導入できるんですよね。

 

5時に会社を終えたサラリエたちがハッピーアワーのカフェで友達と軽く一杯飲んで、そして8時過ぎに夕食を食べに2軒目というのが普通のようです。

しかもグランデサイズという中ジョッキサイズを2杯ほど飲んで、そしてまた2軒目でワインのボトルを開けてとよく飲むな〜と思います。

経済効果もありそうですね。

 

イベントはフランス各地だけではありません

 

fetedelamusique.culture.gouv.fr

 

 

あちこちでやっているようです。

パリ市内でも数百件イベントが登録されています。

日本ですと、東京、市ヶ谷のアンスティチュ・フランセであるようです。

 

ワクワクしますね。

明日は私も遅くまで楽しもうと思います。