フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

Méert マレ

Méert

 

リールに本店があります。

パリ市内にも何店かあります。

 

 

週末にパティスリーが並んでいるようなので気になっていました。

前はチョコとかしかなかったのに。よく考えたらレストランもあるからレシピありそうですね。

 

 

外観

 

f:id:p_p_paris:20180702191721j:plain

 

 

建物の工事中で残念ですがマレ、ピカソ美術館に近い素敵な場所と店構えです。

マレは入れ替わり激しいけどここはずっとこのままです。

 

お菓子

 

f:id:p_p_paris:20180702192001j:plain

 

f:id:p_p_paris:20180702192044j:plain

 

フランもありました。

平日にはないことが多いので、週末だけかもしれません。

フラン3ユーロと手頃。午後2時くらいにはないこともあります。

 

この日も残り2個。1人なので1個お願いする。

テキトウなカットで明らかに残り二つの大きさが異なる。

大きい方を指定(ちょっとケチくさい?)

 

そうしたら残った1個は下げてしまいました。

大きさの違いに気づいたのか、1個だけ出しておくことはNGなのか。

いずれにせよそういう店の方針はいいですね。

 

f:id:p_p_paris:20180702192407j:plain

 

箱も立派です。

 

f:id:p_p_paris:20180702192448j:plain

 

創業341年という老舗。日本だと江戸時代。

 

f:id:p_p_paris:20180702192537j:plain

 

色使いが素晴らしいですね。

 

f:id:p_p_paris:20180702192616j:plain

 

フラン 3ユーロ

 

11.5cm 

 

f:id:p_p_paris:20180702192719j:plain

 

フランスでもバニラビーンズが高くなったそうですが、ふんだんに使われています。

 

f:id:p_p_paris:20180702192810j:plain

 

フランのプリン部分は液体なので焼けば体積が減ります。

縁の部分の雰囲気からして結構な量を注いで焼いて体積が下がったことが想像できます。

 

美味しいだろうと思ったらやはりでした。バニラビーンズはそこまで感じませんでした。

 

常温で販売していますので当然常温なのですが、冷やしたほうが美味しいですね。

 

これは高級感もあるし、美味しいし、コスパいいですね。

 

f:id:p_p_paris:20180702193100j:plain

 

素敵な器と。

 

高級感あってコスパいいのでオススメです。