フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

Fête nationale française(Bastille day) 7/14 軍事パレード

7/14 フランスは祝日です。

正しくはFête nationale françaiseといいフランスの建国記念日ですね。

歴史で学んだバスティーユ監獄の襲撃の日だそうです。

 

Fête nationale française

 

午前中は軍事パレードがコンコルド広場でありました。

 

先ずはマクロン大統領

 

f:id:p_p_paris:20180715211140j:plain

 

撮り損ねました。。

 

警備が上空からもでした。

 

続きまして

 

例の有名なシーン

f:id:p_p_paris:20180715211307j:plain

 

これも呆気にとられ失敗。

戦闘機がフランス国旗を排ガスで描いていく有名なシーン

 

ここパリですけど

f:id:p_p_paris:20180715211428j:plain

 

ここシャンゼリゼ通りの上空わずか200メートルくらい。

マジか。

 

f:id:p_p_paris:20180715211538j:plain

 

頭オカシイかも。

 

f:id:p_p_paris:20180715211619j:plain

行進です。

 

f:id:p_p_paris:20180715211708j:plain

 

パリ市消防。担いでいるのは斧のような破壊する道具

実際には使わないでしょうね。

パリ市警も行進していました。

f:id:p_p_paris:20180715211939j:plain

戦車ですよ、しかもキャタピラー。パリ陥落の時もこうだったのでしょうか。

f:id:p_p_paris:20180715212126j:plain

装甲車というんですかね。

 

f:id:p_p_paris:20180715212214j:plain

 

ちょっとミスって小さいですが、中世のまんまの衣装。

中世からフランス人はウサギとカメのお話のようにずっと眠ったままです。

 

いや〜驚きました

 

軍事パレードですが

 

f:id:p_p_paris:20180715212431j:plain

始まる前の一コマ。行進する息子さんとそのお父さんのようです。

普段陰日向となり国のため献身的に活動する人たちに晴れ舞台も用意するトレビヤンなイベントのようでもあります。

f:id:p_p_paris:20180715212626j:plain

この日のパリ市警は正装で。

f:id:p_p_paris:20180715212705j:plain

街が静まり返っています。朝の8時前。見える橋はもちろん通行止。

 

f:id:p_p_paris:20180715212803j:plain

 

左岸から右岸に渡るのが大変でした。

 

帰りは右岸から左岸に渡れず

 

f:id:p_p_paris:20180715212903j:plain

 

こんな景色も眺めながら

 

f:id:p_p_paris:20180715212949j:plain

 

セーヌ川で船暮らしをする人向けのポストを初めて見つけたり

(1月はこのポスト浸水していたんだろうな)

結構帰るのが大変でした。

 

f:id:p_p_paris:20180715213127j:plain

 

おまけは各国の大使館の車置き場。

もちろんアメリカはアメ車でしたがほとどベンツなどのドイツ車でした。

 

こうした軍事のための道具が使われることなく平和であって欲しいですね。