フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

10月18日 2018 アートフェアパリ

今朝は季節らしい寒さ。といってもまだまだ暖かい。
パリアートフェアが始まっています。FIACもグラン・パレにて昨日より。
昨日はいわゆるコレクターさんだけの時間もあったり、関係者だけの時間もあったりと
フェアごとに時間がまちまち。物故のアーティストの作品から新進気鋭の作家まで
世界からなんでも集まり、世界からコレクターがわんさかやってくるこの週末です。

 

 

ということで、夕方からアートフェアへ。こちらは本日から。
そしてその足で「東京画 SHIBUYA – TOKYO CURIOSITY」という写真展へ。

伝統と現代性が共存し、さまざまな世代の人たちが行き交う渋谷は、対照的なものの共存とダイナミックな変化によって生じる創造的なカオスを内包しているといえるのではないでしょうか。世界的にも有名な交差点がある渋谷は、新しいトレンドが生まれる東京の実験場です。そして日本全体が抱えているあらゆるパラドックス、魅力、はたまた異国情緒までもが詰め込まれている場所でもあります。

今回開催される写真展は、渋谷の個性に焦点を当てた初の展覧会です。アートプロジェクト『東京画』の100人の写真家が渋谷の貴重な光景、驚くような場面、わくわくする非日常そして穏やかな日常のシーンを捉えました。こうしたさまざまな視点が合わさることによって、渋谷の魅力を紹介します。

 

東京の人ではありませんが、久しぶりにじっくり見る懐かしい日本の光景でした。

場所はパリ4区の区役所内のホール。
今日は夜の6時半からオープニングでしたので8時過ぎまでのオープン。
日本ももう少し公共施設を有意義に使えるといろんなことができるのに。
そんなことを思って帰ってきました。

 

今日も見に来てくださりありがとうございます。
今日は人と作品の多さに酔ってしまい、言葉があまり出てきません。
これだけモノに溢れていて本当にいいことなのだろうかとふと心配になる夜。

 

今日のパンはお休みです。

 

f:id:p_p_paris:20181019055702j:plain

f:id:p_p_paris:20181019055729j:plain

f:id:p_p_paris:20181019055746j:plain

 

かわりにずっと気になっていて買っていなかったお店のフランを。
ここは高さが1番高いかも。値段は2,4ユーロでそんなもんかという価格。
いい味していましたので、パンも買ってみたいと思います。

 

おまけ

 

f:id:p_p_paris:20181019060007j:plain

 

私の心落ち着く広場です。