フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

10月31日 サロンデュショコラへ

朝。まだ冬時間の移行に身体が慣れないせいか調子が悪い。
起きるタイミングを外し、結局パンを買いに行けず前日のご飯の残りが朝食。

 

そして昨日関係者招待のみで始まったサロンデュショコラへ。
場所はパリ15区のポルトデベルサイユ。いわゆる見本市会場です。

www.salon-du-chocolat.com

 

今回の会期唯一の平日ということもあってそこまで人が多くない。
そして見本市という割には会場も小規模でもっと大きなものをイメージしていたので残念。日本のものも結構出ていました。

 

f:id:p_p_paris:20181101042135j:plain

 

入口。この建物の中だけです。

 

f:id:p_p_paris:20181101042256j:plain

 

インスタ映えしそうなデコレーション。

 

f:id:p_p_paris:20181101042405j:plain

 

これもチョコ

 

f:id:p_p_paris:20181101042456j:plain

 

これはフェイク。

 

f:id:p_p_paris:20181101042555j:plain

 

美食の街のリヨンのお菓子。
今回、リヨンのチョコが結構良かった。
あとは隣国ベルギーなども。

 

f:id:p_p_paris:20181101042755j:plain

 

ここもリヨン。

 

f:id:p_p_paris:20181101042902j:plain

 

綺麗でした。

 

パリにはないチョコを結構試食させていただきました。
でも有料で15ユーロ払うのであればパリの美味いもの食べたいなというのが正直な感想。今回キャラメルフランとか売っていたお店も見た目キレイだったけどそれを越えないなと思って思案していたらタイミングよく試食が!でも最近の直感は正解でまったく甘いだけで残念な感じでした。

 

もうこういう大規模なイベントはこれから減って行くのではないかと思う。
これからは訪れた土地を歩いて美味しい自分にあったものを食べるそんな時代になっていって欲しいとも思う。それゆえか、パリの有名店などま〜ったく出ていない。
こういうところ変化の兆しかもしれないです。

 

気になったといえば、これからアジアやアフリカなどの新興国がカカオなどの希少生産物を巡って世界が変わっていきそうとか思いました。もしかしたらもう起こっているのかもしれませんが。

 

明日以降は混みあいそうですのでスリとか結構出るそうです。
くれぐれも貴重品の管理には十分お気をつけ下さい。

ちょっと辛口な記事で申し訳ありません。

 

本日もお越しいただきありがとうございました。