フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

11月7日 2018 法定翻訳を取得する準備

雨の朝。午後には雨は上がり過ごしやすい1日。

来年以降の語学学校の準備真っ最中の今週。
その絡みで先週にメールをしていた方へ再度メールを送ってみた。
先週はヴァカンスでもしかしたら休みかなと思ったので待ってみたけど、待てど暮らせど返信なしだったから他を探すことも視野に入れつつ送信っと。
そうしたらものの数分で返信がきた!フランスでは多分あり得ないこと。
続けざまにメールが届き、今日打合せしませんかと。
見積もりの値段を聞きたいところだけど、あらかじめ予習していた金額くらいだろうと予測してとりあえず行ってみることに。

事務所の場所も単純に西へ移動するだけだから30分後でアポしてみたらOKと。
私の暮らす場所は横にも縦にも移動が至便なのがすごくありがたい。
余裕ありすぎで到着。

 

入口のデジコードは教えてくれていたけど中に入ったらまたデジコード。
よく見るとインターホン併設タイプなので↑を操作してオフィスを探して呼鈴を押したらその次の扉が開く。ほっ。そして事務所入口の扉には無造作な手書きの表札が。呼鈴をまた押し他ところ中から人が出てきてくれました。

 

思っていたより小さなオフィスでとてもサンパな人でした。
値段も予習の金額でしたから即決。そしたら翌日に出来るから翌日午後何時に引き取りにくるかと聞かれたので、都合を聞いて取りに行くことに。

 

いわゆるデポジットを10ユーロだけお支払いし、本来なら預り金の控えをもらうべきかなと思ったけどキッチリと仕事されていそうな感じがしっかりしたので言わず。というかフランス語が思いつかなかった。あっさりと終了でお暇。

 

事務所を出た頃には雨が上がり高校生と思しき学生が午前中の授業を終え帰宅するタイミングでバスが結構混んでいた。

 

f:id:p_p_paris:20181109010440j:plain

 

こんな素敵な教会が顔を出していました。
だからパリは面白い。

 

今日も見に来てくださりありがとうございます。
雨の中だからこそ美しさを放つ場所があるパリ。
だから飽きないのだと思います。

 

今日のパンは前日購入したこちら

 

f:id:p_p_paris:20181109010555j:plain

 

火曜日はピシャールが休みのため、休みの日はいつものL'Artisan Des Gourmandsでパンを買う。

購入したてはアツアツでしたので少し食べてしまいました。
でも今回は少しハズレだなというお味。
美味しいんだけど。。焼き直すと顕著にいつもとの差がわかりました。