フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

そんなこと考えたこともなかったよ 冷蔵庫トラブル

今回のテーマが冷蔵庫。

暮らしているんだということを改めて認識したことと、そんなこと考えたこともなかったよという事件でした。

 

家電が壊れるということに体験して「家電ってどう買うんだっけ?」「配達とかどうなっている?」などフランス独特の商慣習もですが、家電のメーカーもパナソニック東芝、日立では当然ないわけで、冷蔵の場合、Whirlpoolってどこのメーカー?ベコってなんだよとそんなレベルでのスタート。

 

アパートは家具付きというタイプなので家電の管理は大家さんの担当。

壊れてもすぐに買い替えてくださることが少ないというのがフランス。

でも大家さんがいい方なので今回スッと交換くださいました。

そのかわり、次をどれにするのか志願してダーティやフナックなどの家電屋さんを周りチェック。お店ごとに商品がまるっと違うことにビックリしたり、イケアで冷蔵庫を売っていることに気づいたりとてもいい体験でした。NAVIGOあるからどこでも行けるのは便利だわ。

 

次に事件が起きたのは配達当日の日。

13時から17時というアバウトな時間指定なのでその時間アパートにいる必要がありました。

 

 

p-p-paris.hatenablog.com

 

Ganaへ久々行ったのは冷蔵庫の故障で買い控えていたけどまさかパンもないとは気づかず近くでこだわらず済ませたかったから。

本当はその先にあるいまだに土日休むパン屋をチェックしたかったんだけど、もしかしたら早まるとマズイなと思ってGanaで引き返しました。

 

アパートに戻り時計を見ると12:10。余裕と思ってパンをきっていたら電話が鳴り「今から行くので対応よろしく」と大家さん。あ、日本人の方なので日本語です。

 

そして少ししたら「なぜか階段で」2人がかりで息を切らして冷蔵庫が到着。

???

 

まさかと思ったけど、1つ扉の冷蔵庫すら入らないエレベーターの大きさ。

マジか。

 

古い冷蔵庫を引き取ってもらうはずだったんだけど、エレベーターで運べるなら持ち帰ると譲らない。大家さんに交渉してもらったけど結果は同じ。古い冷蔵庫はエレベーターに載せるためエレベーターまで動かしてもらったので彼らが去ってしばし呆然。

 

新しい(といっても40年くらい)の物件でないと大型家電は窓からしか入らないようです。そのため道路からリフトを使い、道路に面していないと家電が持ち上がらないなんてこともあるそうです。え、そんなレベルなのと改めて驚く。

 

新しい冷蔵庫も扉を左開きから右開きに交換するできるタイプで、交換の作業は客任せなのだけれども、説明書には「メーカーのサービス担当がやらないと保証対象外だよ」と。オイオイどうなっているのと思いながら説明書を見ていると「これって扉を外したらエレベーターに乗るんでないかい」とひらめいて廊下でごめんなさいしながら先に古い冷蔵庫をバラす。

 

なんとギリギリ入るではないか。0階、日本でいう1階へ下ろし、後から扉と上蓋を下ろして、また廊下でごめんなさいしながら元に戻す。

 

古い冷蔵庫はパリ市のゴミ回収にお願いするのだそうだけど、使えないものでも使えないと書いて専用HPに登録して誰も貰い手がないこととなって初めて回収となるようだ。

 

でももう外に出していいと言われたので歩道の邪魔にならないところへ出しておく。

時々見ていると誰か見ていくのか位置が変わっていて翌朝には無くなっていた。

 

扉の付け替えなのだけれども、簡単そうに思っていたら意外とわかりにくい。

説明書の図と現物がモデルチェンジしていて先ずはそういう洗礼から。

次に工具などもないから結局ブリコラージュ、日本でいう小さなホームセンターでスパナを買う。

 

スパナがこれまた不思議で日本だと10ミリ12ミリ 8ミリ10ミリといった両方使えるタイプはこういう組み合わせが一般的なのだけれどもフランスはなぜか10ミリ11ミリ 8ミリ9ミリという組み合わせ。なんで?

結局仕方ないから8ミリと10ミリそれぞれ単品で買うことに。

8ミリの方はプライヤーで外せたけど付け替えの際に締め込めないから急きょまた買いに行くことに。。

 

結局掃除まで完了したのが17時。4時間近い格闘でした。

 

最後まで読んでくださったフランス在住の方にいい情報です。

自分に関係ないぜと思っているあなた。冷蔵庫が壊れると食品が冷えないというだけでなく大きなトラブルになるのご存知ですか?

 

それは階下への水濡れです。庫内は常に水が出ているのでそれを蒸発させて床が濡れないようにしていますがそれが機能しないと階下の家の天井や場合によっては家具なども濡らしてしまい「弁償」しないといけなくなります。

 

通常こういう場合に備えて保険に入っていますよね。大家さんも当然保険に入っているのですが、階下の住民がとんでもない人だとどうなるかご存知でしょうか?

 

流石に冷蔵庫の水濡れではそこまでいかないけど、友人が階下に水濡れをやった時、大家さんに責任あるケースだったけど、階下の住民がとんでもない人で

 

部屋の改装に3ヶ月かかった期間別に借りた家の家賃、改装費ととんでもない金額をふっかけられて本来大家が保険で賄うか自腹を切るところ友人も巻き込まれて現在裁判沙汰です。友人は日仏の法律の差をついてもし負けたら自己破産して日本に帰るそうですが。。フランスでの破産歴は日本で影響なしだからとタフに話していたけどそういう感覚でないとサバイブできないかもですね。

 

なのでたかが冷蔵庫の故障と思わず、フランス語のできる人は出来るだけ早く修理か交換をお願いしてくださいね。

 

 

長い。2330字だよ。

お読みくださりありがとうございます。

そういう意味では日本は平和でいいですね。。

 

f:id:p_p_paris:20190315170932j:plain

 左右の扉のチリも完璧に合わせました。