フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

美術史美術館 Kunsthistorisches Museum Wien ディエゴ・ベラスケスとブリューゲル

f:id:p_p_paris:20190313030802j:plain

 

続きです。

 

f:id:p_p_paris:20190313031031j:plain

f:id:p_p_paris:20190313031047j:plain

f:id:p_p_paris:20190313031109j:plain

f:id:p_p_paris:20190313031157j:plain

f:id:p_p_paris:20190313031215j:plain

 

ジュセッペ・アルチンボルド

 

ウイーン最高です。アルベルティーナの作品もまとめてここで見せて欲しい。

この作品、本当に楽しいです。

 

f:id:p_p_paris:20190313031123j:plain

 

ラファエロ

ダビンチの岩窟の聖母と似ている草原の聖母。

これがここにあったか!と思いがけない出会いに感動しました。

慈愛に満ちたラファエロ個人を感じます。優しい線でした。

 

f:id:p_p_paris:20190313031138j:plain

 

すごいなと思ったのが目の不自由な人のために触って鑑賞できるツールがあったこと。

日本にもあるのかしら。少なくともルーブル美術館やオルセーにはなかったような。

 

f:id:p_p_paris:20190313031236j:plain

 

建物は本当に立派のひと言。

 

f:id:p_p_paris:20190313031251j:plain

 

フェルメール

カフェの早じまいはどうもそのあとイベントで劇をやるっぽくその控室がこの部屋になっていて近くに近づけず。マジか。 

 

ブリューゲルの作品たち。

 

f:id:p_p_paris:20190313031309j:plain

 

バベル。

東京に来ていて大混雑だったのはオランダ版。こっちが先のようです。

そんなことも知らんかった。

 

f:id:p_p_paris:20190313031329j:plain

 

あまりに有名な雪中の狩人

 

f:id:p_p_paris:20190313031346j:plain

 

農民の婚宴

 

f:id:p_p_paris:20190313031415j:plain

農民の踊り

 

当時の時代背景が伝わり、見ていて飽きないんですよね。

ミレーなどこうした人から影響されたのかな。

 

閉館間際だったからか「ガラガラ」で独占できました。

東京で並ぶくらいなら現地で見る そういうのもアリかもしれませんね。

バベルはこっちの方がよりラピュタっぽいと思うんだけどどうですかな?