フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

早朝のCDG空港へ行く バス編

 

p-p-paris.hatenablog.com

 

前回はRER B線でしたが今回は東駅からのバスでチャレンジです。

 

東駅までのアクセスは色々ありますのでホテルの近くにNoctilien 通称夜バスが走っているか調べてください。北駅でもOKです。

 

f:id:p_p_paris:20190420164825p:plain

 

グーグルでの乗り換え案内とバス停が異なっています。

期間がいつまでかわからない臨時バス停になっていますので、濃緑のジャンバーを着ているRATPスタッフがいたら「う えすく あれ ぷ しゃるるどごーる」というと教えてくれます。左がごっしゅ、右がどろわっと です。

 

f:id:p_p_paris:20190420165211j:plain

f:id:p_p_paris:20190420165214j:plain

 

ここからは2系統走っているようです。1時間に2本程度という感じですね。

東駅、もしくは北駅に出ることができればパリ市内から空港まで24時間いつでもアクセスは可能なようです。

 

f:id:p_p_paris:20190420165412j:plain

 

早朝の東駅はこの左、右は北マレ。cafe Aの位置が正面やや右です。

 

f:id:p_p_paris:20190420165443j:plain

 

定刻より早くバスが来ました。

全員着席とはいかず立っている人もかなり発生し、なんと定刻より6分早く発車しました!

Noctilien 通称夜バスの怖いのは、バス停に書いてある時刻は目安ということ。

ひどいと20分くらい誤差があります。乗る人もおらず道路も空いているからビュンビュン飛ばすんです。時間調整する運転手が少しだけいて、だいたいシャトレ、もしくはモンパルナスなど大きな駅のバス停で調整しています。

慣れるまで3時間くらい前から行動する必要があります。

 

f:id:p_p_paris:20190420165444j:plain

 

このバスの運行はSNCF フランス国鉄のようです。

RATP同様にイルドフランス交通網の一員です。

 

f:id:p_p_paris:20190420165427j:plain

 

観光バスのような、いわゆるカー というbusではない車両でした。

 

f:id:p_p_paris:20190420170159j:plain

 

着いた場所はRoissypole - Gare いわゆるRER B線のターミナル1駅を出たところにあるバスターミナル。

正面向かって右に行くとRER B線と空港シャトルがあり、ターミナル1とターミナル2はそちらへ。

問題はターミナル3。

みんな軽く迷子になっていました。

ターミナル3は正面向かって左へ歩き、トンネルをくぐった先がターミナル3。

 

わかってしまうと楽勝なのです。

 

f:id:p_p_paris:20190420171357p:plain

 

この情報、有料にしてもいいレベルです。

皆さんLCCで移動のはずなのにターミナル1駅に吸い込まれていきました。

 

f:id:p_p_paris:20190423160749j:plain

 

早朝のターミナル3

ガラガラ。

 

f:id:p_p_paris:20190420171626j:plain

早朝のターミナル1のトリコロール。

 

f:id:p_p_paris:20190423160812j:plain

 

夜が明けてきました。

 

いざコペンハーゲンへ!