フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

delicate antique と禮拜文房具

火鍋のお店Chan Chi Hotpot 詹記麻辣火鍋-敦南店から近いので、PENの台湾特集で見たお店ものぞいてみることに。

 

f:id:p_p_paris:20190812095730j:plain

舒適圏.Comfortzone 

たまたま入り込んだのではなく、黄色の車が置いてあるところは道路だからそこを行けとグーグルマップさんに教えられた通りに行ったら実際は通れなかったというオチ。

満腹でなかったら入ったであろう雰囲気のいいカフェ。

 

f:id:p_p_paris:20190812100156j:plain

台北タワーだっけ?台湾訪問も結構な回数なのにいまだに行ったことがない。

それよりこういういつ消えてしまうかわからない、カオスのような町並みを歩くのがとても好き。

 

f:id:p_p_paris:20190812100335j:plain

 

delicate antique

お店の雰囲気からいい感じ。中で販売されているヨーロッパの古道具は毎週末ヴァンブへ行っていたからもう見慣れてしまったものばかり。

新しいものをどう発掘するか、古道具のお店をやっている人の腕の見せ所ですね。

 

f:id:p_p_paris:20190812100620j:plain

禮拜文房具

 

Vision Stationery 明進文房具が16時からで営業前でしたのでそこから近いところへ。

 

店の雰囲気など見所ありましたが、販売しているものはさほど目新しいものはなし。

文具は日本が優れていることと、パリにいるとベルギーなどから紙モノのオシャレなものがかなり入っているから余計にかも。

 

よほど好きな方以外は見て歩くことに時間を割く必要はないのかなという印象です。