フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

ライアンエアーに乗ってみた

パリにいるとライアンエアーの広告をよく見ますが、私の周りの日本人友人はライアンエアーには乗らない人がほとんど。

理由としてシャルルドゴール空港でもオルリー空港でもなくボーヴェ空港という「どこやねん」という空港からしか出ていないことがあります。

ボーヴェ空港へはポルトマイヨ(メトロ1番線)からバスが出ています。

往復29ユーロ、片道15.9ユーロで、これはNAVIGOのルート外。

定期を持っているとシャルルドゴール空港やオルリー空港から出ている便を選んだ方がかえって安くなります。

 

ライアンエアーの一番の欠点は荷物を預けるのも有料、手荷物もサイズ規制がどこより厳しい。そしてしょっちゅう遅延や欠航する。だから一度もライアンエアーを使うことがなかったんですよね。

 

で、今回コペンハーゲン からハンガリーブタペスト リスト・フェレンツ空港へ行くためにライアンエアーしかいい時間のがなく初めて利用することに。

 

f:id:p_p_paris:20191008223734j:plain

 

今回はスーツケース1個預ける必要があったのであらかじめ荷物預けのお金を払い、ライアンエアーといえば必ずチケットを印刷して持参する必要があるから日本できちっと印刷して持参しました。パリの家にはプリンターなかったのもライアンエアーを避けていた理由だったかも。

 

 

p-p-paris.hatenablog.com

 

まとめ

 

 

チェックインにはアプリが必要になっていた。

これはコペンハーゲン だけかもしれないけど、印刷した紙を見せたらそれじゃなく画面で見せろという指摘。「?」と思ってスマートホン?と聞いたらYesと。

これからの海外旅行はスマホもしくはipadなどが必須ですね。

慌てて空港wifi使ってライアンエアーのアプリをダウンロードしてみましたよ。

よかった、ちゃんと予約の時に使ったメルアドなど覚えていて。

 

機内はとにかく狭い

過去に乗ったLCCどの航空会社と比較してとにかくこれでもかというくらい前後の間隔が狭く、隣との距離も近い。紺色のシート色がまた重たくって機内がすごい人の密度なのに輪をかけたようになるのが如何とも。

そして機内の荷物置き場が極端に上下方向が狭いので入らないから横にして入れるしかなく、場所を食うから置けない人が続出!

そしてトイレも狭い!戸を閉めたら閉所恐怖症の人はアウトだろうという狭さ。

2時間かからないフライトだったけどもう2度といいなというのが正直なところ。

 

搭乗ゲート、LCC用のターミナルまでやたら遠い。

保安検査場からとにかくこれでもかというくらい歩かされる。

10分は優に歩いたように思った。もちろん階段だけだから年配者や障害のある人は辛いだろうな。障害のある人くらいは運んでくれるのだろうか。

 

まあライアンエアーやっぱりねという感じでした。

それでも満席なのは安さなのでしょうか。

荷物を預けるお金を払ったらそんなに安いか?という金額でした。謎。

 

どうしてもライアンエアーしかない場合しか使わないだろうなというのが感想です。