フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

コペンハーゲンを歩く 2日目

f:id:p_p_paris:20190603171654j:plain

 

Nikolaj, Copenhagen Contemporary Art Centerの頭が見えます。

Christiansborg (Vindebrogade)というバス停あたりから

 

f:id:p_p_paris:20190603171659j:plain

Bishop Absalon

 

f:id:p_p_paris:20190603171706j:plain

 

街灯の取り付けがウイーンのようでした。

 

f:id:p_p_paris:20190603171712j:plain

 

Nikolaj, Copenhagen Contemporary Art Center

 

f:id:p_p_paris:20190603171719j:plain

証券取引所を遠くに見る

 

f:id:p_p_paris:20190603171726j:plain

クリスチャンスポー城からEquestrian statue of Christian IXの像を見る

 

f:id:p_p_paris:20190603171733j:plain

 

 

f:id:p_p_paris:20190603171739j:plain

証券取引所

 

f:id:p_p_paris:20190603171745j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171751j:plain

クリスチャンスポー城前の広場

 

f:id:p_p_paris:20190603171757j:plain

 

小道がきになるからこっちへ行こう

 

f:id:p_p_paris:20190603171803j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171814j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171820j:plain

 

デンマークユダヤ記念館からデンマーク王立図書館へ向かった先の景色。

少しだけ潮風を感じます。

f:id:p_p_paris:20190603171826j:plain

こんなところにも人魚姫がいました。

f:id:p_p_paris:20190603171832j:plain

王立図書館の外構。そのまま岸壁の一部と化しオーバーフローした水が海へ流れる仕掛けもいいな。何より落っこちないようにする手すりがないから見晴らしいいのだけど落ちないようにしないといけないそのバランスもいいな。

 

f:id:p_p_paris:20190603171839j:plain

 

f:id:p_p_paris:20190603171845j:plain

デンマーク国立図書館Café Øieblikket

 

雰囲気のいいところにある良さげなカフェCafé Øieblikket。

休憩するにはもってこいの秘密カフェになりそう。

 

f:id:p_p_paris:20190603171851j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171857j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171905j:plain

せっかくなので図書館へも。

新しいのかと思ったら、海に面する部分は新しく、道路挟んだ先は古いまま。

通路が現代と過去を結ぶ橋のようです。

 

f:id:p_p_paris:20190603171911j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171919j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171926j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171932j:plain

ヨーロッパの図書館には気品と色気と色々な相反する要素が入っていてたまらく好き。

 

f:id:p_p_paris:20190603171942j:plain

デンマーク建築センター

f:id:p_p_paris:20190603171948j:plain

f:id:p_p_paris:20190603171955j:plain

The Stable Boy's Houseだったと思いますがその横を歩いて中央駅へ戻ります。

王立図書館へ行くとコペンハーゲン が島であることに改めて気付かされます。

そして周りは海だということも再認識しますのでオススメです。