フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

謝苅そば ここ本当に美味しい!

沖縄そばは最初に来たときにほぼ食事はそればかりを選んでいて家人から怒られたくらいで、ここ最近は全く食べなくなりました。

 

今回、ちょっと気になるお店を見つけていたのでお昼ご飯は別腹感覚で食べることに。

 

f:id:p_p_paris:20200327093209j:plain

謝苅そば

ここはバラ肉も美味しいのだけど汁の出汁感が美味しいので、あえて辛味など足さないでそのまま飲み干してください。麺ももちろん美味しい自家製麺

営業時間が10時から15時ととても短く、お昼時はクルマが置けないこともあるそうです。

地元の方で人気のお店。この日も朝10時にもかかわらず軽トラに乗った方がいらしていました。

 

ここのもう1つの名物が景色。高台にあるのでお店から海を見下ろせます。

なので入って奥のカウンターで景色を見ながら食べるのをオススメします。

謝苅そば、オススメです。

Salon de la Pâtisserieの延期

パリの友人たちはまた2週間の外出禁止に耐えているそうです。

日本でなんかのんきな記事書いているなと思われるかもですが、

Salon de la Pâtisserieが6月開催にもかかわらず今年の開催を見送るとアナウンスがありました。

www.lesalondelapatisserie.fr

 

パリの友人いわく、「この外出禁止は5月まで延びそう」という肌感覚だそうで、このイベントの中止の決定はそうしたフランスの、ヨーロッパの流れを反映しているのでしょうね。

 

このイベント、試食とか少しあるし、いろいろなお菓子が見られて、購入可能なので人混みが苦手な私でも友人と出かけていました。会場のポルトデベルサイユはアパートから歩いて10分少々なのでいい散歩コース。

 

パリで開催されるお菓子のイベントで、このサロンパティスリーとショコラショーはお好きな方であればそれはそれは楽しめるものです。私自身が人混みが大の苦手でも「これは酔い止め飲んででも行くべし」と思いましたから。

 

1日でも早く日常が戻ってきますよう。
そうした願いを込めて、そして家で少しでも楽しいことを考えるために記事にしました。

 

f:id:p_p_paris:20200402090828p:plain

https://www.lesalondelapatisserie.fr

 

石窯薪木パンとサンドイッチ ときはや

ときはやさんは以前一度行きましたがもう残っていなかったので再訪。

しかしながらこの日は早すぎでまだないという。。。

 

f:id:p_p_paris:20200327094006j:plain

石窯薪木パンとサンドイッチ ときはや

ここであっているのか?と前も不安になったけど、行き止まりのどんつきにあります。

 

f:id:p_p_paris:20200327094051j:plain

石窯薪木パンとサンドイッチ ときはや

サンドイッチがあったのでそれをいただきました。

 

f:id:p_p_paris:20200327094131j:plain

石窯薪木パンとサンドイッチ ときはや

ここのオーナーさんは宗像堂で修行された方。

とても気さくで気配りの方で気持ちの良い朝時間を過ごすことができました。

お店は朝の8時からですが、パンが揃うのは10時前くらいみたいです。

食べ終えた頃に1種類だけ焼けたそうで、1つだけ出る規格外サイズのパンを買って食べたらそれも美味しかった。

 

うわ〜とうるさくならないで欲しいひっそりと佇むいいお店。

女性で運転苦手な方は車を出すときにちょっと大変かもしれないです。

砂辺馬場公園

砂辺馬場公園はかつてアメリカ軍が上陸を開始した場所だそうです。

 

f:id:p_p_paris:20200327092438j:plain

砂辺馬場公園

f:id:p_p_paris:20200327092458j:plain

砂辺馬場公園

f:id:p_p_paris:20200327092517j:plain

砂辺馬場公園

こんな静かな場所なのにかつては戦場だったようです。

平和への祈りを捧げたいと思いましたので黙祷。

 

遊具を全て撤去して工事していたんでちょっとリニューアルしそうです。

f:id:p_p_paris:20200327092647j:plain

泊まっていたホテルから目と鼻の先でしたがチェックアウトしてしまったので車で。

工事関係者や散歩する人で結構満車でしたのでしばらく車は置く場所がないかも。

なんとか一箇所空いているところを見つけて置いて散策。

沖縄戦のことを全く知らなかったけど上陸しやすいポイントが多いからこんなところで籠城してもすぐにやられてしまうだろうに日本政府ってなんてアホなんだろうと改めて思う。

 

 

ロールアップで夕食を

なんやかんや食べ続けているので家人に聞いたら夕食は何か買って部屋にしようとなり、

北谷にあるトランジットカフェはまたになりました。

近くにあるサンエーというスーパーでオリオンビールを買ったんですが、このお店の駐車場はほとんど軍属の方のYナンバーのクルマばかり。

お客さんもやはりなので、店内はお客さんの会話=英語、お店の表記=日本語というちょっとミスマッチな感じでハワイにでもいるのか?という光景。(行ったことないけど)

 

ちょうど夕日が沈むのがキレイでしたので海岸を歩いていたのですが、海岸沿いをランニングする人も、遊んでいる親子も、カップルも全員アメリカ人。どうやらこの界隈は基地外で暮らす軍人さんが多いようです。

 

そんな中にあったロールアップというお店。

 

f:id:p_p_paris:20200327091911j:plain

ロールアップ

ブリトーというロールサンドのお店。

店内はアメリカのような感じで英語と日本語。スタッフは日本人のようですが英語ももちろんOK。

 

f:id:p_p_paris:20200327092046j:plain

安くてボリュームもあって刺身とはミスマッチかもだけど、ちょっと食べて飲んで寝るにはいいチョイスでした。

 

北谷の中にあるアメリカ街。ちょっと気をつける必要はありだけど、沖縄の抱える問題の1つを垣間見ることができます。

Hotel Sunset Terraceで泊まる

Hotel Sunset Terraceは元々ラブホテルだったようです。

いわゆるアメリカのモーテルを模したところで、ちょっと余裕を持って作ったからかホテルへの転用が簡単だったのかな?

でも部屋や廊下のあちこちに名残を見つけられます。

安いし、お風呂とトイレが別でお風呂も広いので良しかな。

 

f:id:p_p_paris:20200327091103j:plain

Hotel Sunset Terrace

ラブホの名残をうまくリゾートホテルっぽくしています。

 

f:id:p_p_paris:20200327091108j:plain

Hotel Sunset Terrace

2人で5000円ほどだったので珍しくbooking.com以外で予約しました。

南城市方面へクルマを走らせ最後は北谷へ

久しぶりに斎場御嶽へ行きましたらシステムがかなり変わっていました。

入場券は駐車場にあるチケットコーナーで買うのが必須。

そして5分ほどのビデオを見たのちに中へ入れるというシステム。

神聖な場所なのに荒らす困った人が多いのでしょうか。

 

お昼は撮影禁止のお店へ。

 

f:id:p_p_paris:20200327090031j:plain

 

高台の駐車場からの海がキレイでした。個人的には好きなお店ですが、家人の評価はいまひとつ。

 

今日は那覇から南城市へ行き、そして北谷というちょっと無駄な移動?のような行程。

定休日とか絡んで致し方なし。

 

夕食は魚しげさんという北谷にある鮮魚店で何か買おうと思っていました。

以前どこで買ったか忘れてしまったけど、刺身の盛り合わせがアオブダイなど入っていて酢みそで食べるというものが美味しかったのでどこか地場な魚屋さんを探しておりました。

ここは販売もしているけどメインは卸かなという規模の大きいお店。

夕方でしたので残りがほとんどなく

 

f:id:p_p_paris:20200327090722j:plain

魚しげ

f:id:p_p_paris:20200327090727j:plain

魚しげ

残っているものから選んでオリオンビールを買い宿へ。