フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

今日のパリ 今日のパン(パリのオジサン)

パリから日々の徒然を〜もうしばらく日本です〜

7月1日 EU渡航制限の解禁

EU渡航制限が解除されますが、色々情報錯綜です。

 

アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モンテネグロ、モロッコニュージーランドルワンダセルビア、韓国、タイ、チュニジアウルグアイ

 

以上の国と、中国からの渡航者を受け入れるのだそうです。

 

中国に関しては「相互主義」を考慮に入れるとしていて、EUからの渡航者を受け入れる場合にのみ、中国からEUへの渡航を認めるとしています。

 

この相互主義というのは外交上の通例を指し、2国間でお互いにということを意味します。

 

日本政府はまだEU、ヨーロッパへの渡航を延期するよう勧告しています。
そして、日本人が海外から戻る場合は14日の待機を命じることで許可し、外国人には入国の許可を出していません。つまり鎖国になっているのです。

 

そういう背景もあり、EUの中でも対応が割れているようです。

 

ドイツは相互主義を理由に日本人の入国を認めないようです。

恐らく日本からの直行便でフランクフルトへ行く便では入国できないかと思います。

陸路でドイツはやってみないとわからないです。

 

在仏日本大使館サイトにはフランス>日本への渡航制限解除の記載はありません(7/1現在)

日本→EU渡航制限なし、EU(フランス)→日本は制限あり(日本国籍者は14日検疫など、外国人は入国拒否)の非対称、つまり外交上の通例である相互主義はこの場合は適用されないってことのようです。

 

7月1日、日本に3月に戻ってきた友人で日本で足止めされた方々が続々出国してフランスへ戻っていますが、皆さんレジデンスカードをお持ちです。

観光に関してはしばらく様子を見るのが正解かもしれません。

 

 

 

チェリオ なんちゃってクリームソーダ

職場の近所の自販機で

 

f:id:p_p_paris:20200628123323j:plain

なんちゃってクリームソーダ

こんなデザインのジュースが販売されていました。

 

調べてみると、前回好評だったので再販したようでした。

 

f:id:p_p_paris:20200628123441j:plain

これデザインが秀逸。

自販機の右側から左側から どちらから来た人でも目を惹くようデザインされています。

このウサギなのかのイラストも目を惹きますね。内容量は430mlと少し少なめ。

 

f:id:p_p_paris:20200628123632j:plain

ツッコミどころ満載でした。でもデザインの高さを感じてしまいます。

 

f:id:p_p_paris:20200701213648j:plain

 

お味はカスタード味のクリームソーダで思っていた以上に甘くなく飲みやすいものでした。

 

自販機って便利なのだけど環境に負荷も与えます。

そして平穏な日本くらいしか自販機ってありません。便利な国ですね。

このジュース、期間限定のようなので試してみたい方はチェリオの自販機を探してください。大抵100円で買えるはずです。

天ぷら 有馬

友人が教えてくれたお店でランチ。

 

f:id:p_p_paris:20200615090251j:plain

天ぷら有馬


天ぷら定食1100円(税込)

 

四条駅から至近なところでご主人が2人のスタッフの方とやっているそんなに大きくないお店。お箸を包む折り紙に気配りを感じます。 

天ぷら以外に茶碗蒸し、お刺身(少し乾いていたのが残念)、味噌汁、そしてご飯はおかわり可能という内容でした。

 

まだコロナの影響でお客さんは少なかったけど、普段なら混み合うかもなと。

地元の方がカウンターでご主人と談笑されながらランチを食べていましたので、地元御用達のお店というのもいいですね。

 

 

 

パリ、映画館も含めて再開と日産のフィガロ

パリ市のメール配信で映画、プール、学校などが再開を知らせてくれました。

7月の鎖国解禁が待ち遠しいですね。

 

ところでそのパリ市のメールにあった写真

 

f:id:p_p_paris:20200622155233p:plain

 

ここは学校もあってよく通ったサンミッシェル近くのところ

建物の隙間に張り付いて建つ2つの建物はあまりに有名です。

 

そこに目が行ったのはもちろんなのですが、ピンクの車に「おお!」となりました。

そう、あのドラマ相棒で右京さんが乗っている日産のフィガロです。

このクルマ、イギリスで大人気でかなりの台数が輸出されていったと聞きましたがやはりそうなのですね。このクルマもイギリスナンバーでした。

 

この車両の持ち主さん、@lepinkfigaro というインスタアカウントで写真を色々アップしています。気になった方はぜひチェックされてください。

 

他の写真も見たのですが、このクルマ下品じゃなくオシャレですね。

外観もホイールキャップはそのまま、ボディの腰下、ダッシュボード、ハンドル中央のフォーンの位置だけピンクにしているのがとても好き。

 

いつかロンドンとかで見かけるチャンスがあるといいな。

 

 

Radio Bagel

吉田パン工房へ行こうと地下鉄に乗り「松ヶ崎」で降りたまでは良かったけど、駅を出て反対へ歩いてしまって一駅前の北山駅まで来てしまいました。雨だったのでその方向にあるRadio Bagelさんへ。

 

f:id:p_p_paris:20200615085933j:plain

こんなところに!というくらい辺鄙なところで山が近くに見えます。

 

f:id:p_p_paris:20200615084935j:plain

Radio Bagel

こういう優しさ溢れる看板好きです。

店内の写真は撮りませんでしたが、5人くらいのスタッフさんが楽しそうに働いておりました。

 

f:id:p_p_paris:20200615085117j:plain

Radio Bagel

プレーン

 

f:id:p_p_paris:20200615085110j:plain

Radio Bagel

イチジク(フィグ)

f:id:p_p_paris:20200615085124j:plain

Radio Bagel

一日経ってしまいましたが、弾力あってしっとりして粉の香りと食感良く、皮がいい硬さで好きなタイプ。

 

市バスで河原町まで1本で出られますが、それにしてもという京都の北の辺鄙なところ。

当然ですがこういうところでやっているお店は「わざわざ」やって来る人を満足させられるだけのレベルの高いことをやっていますね。

 

京都も中心部は家賃高いだろうから、少し外れでお店を構えるのは正解かも。

バスは途中区画の大きいお屋敷街を通りましたので、食通で所得の高い層がお膝元に暮らしている可能性はありそうですね。

 

f:id:p_p_paris:20200615084843j:plain

 お店の外観。

通りから入っているので見落とさないよう注意です。オススメ。

盛岡の青龍水が枯れたニュース

盛岡の青龍水が枯れてしまったそうです。

平成の名水100選にも選ばれた盛岡市民だけでなく全国から水マニアが訪れるところ。

 

www.fnn.jp

 

今年雪が少なかったのとここ最近雨が降っていないから?と推測されていますが

詳しくはわからないそうです。

 

 

p-p-paris.hatenablog.com

 

私も水マニアというほどではないですが、湧き水と聞くとついつい行ってしまいまして思いがけない出会いも過去にはありました。

 

ボランティアの方が本当にしっかりと手入れをしてくださり、自然の恵みとあわせて汲みにくる人がマナーを守って譲り合っている姿はとても印象に残っています。

丸く、少しサラッとした感じのお水は口に含むと体内を流れていくのがしっかりと感じられ、翌日長旅の疲れを感じさせない元気もくれます。想像なのですが、身体に良い水は体内の老廃物も外へ出してくれるのではないでしょうか。

 

近くの大慈清水も止まっているそうです。

雨が適量降ってまた元に戻って清流が蘇ることを願っています。

 

 

京都を歩く

雨なのとコロナ自粛で体力落ちたようであまり歩けなかったけど歩いてみました。

 

f:id:p_p_paris:20200615092407j:plain

東洞院通を北上。

古そうな建物にある病院。1〜2階までの窓と3階の窓とサイズが異なります。

増築かな。昭和初期までの様式を感じます。

3階のエアコンが相当古そう。

 

f:id:p_p_paris:20200615092947j:plain

姉小路通の角にある八百屋。

錦市場から見ると「場外」に当たるエリアっぽい。

昔はこの界隈にこうしたお店が数多くあったのだろうか。残って欲しい風景。

向かえのスタバとのギャップがすごい。

 

f:id:p_p_paris:20200615093445j:plain

六角通柳馬場通が交わるところの空き店舗。

豆腐屋?いやなんだった?という不思議なシンクがありました。

帰ってからストリートビュー見たら「花屋」だったようです。

 

f:id:p_p_paris:20200615093618j:plain

六角通から富小路通北へ。

蔵のような素敵な建物の窓枠の銅サビ。

 

f:id:p_p_paris:20200615102014j:plain

 

老舗の時計店をリノベしたお店

 

f:id:p_p_paris:20200617124738j:plain

ブレていますが、ショコラティエの隣です

 

f:id:p_p_paris:20200617124818j:plain

歴史を重ねたファサードが素敵でした。

一方通行が多い京都の道。クルマと一緒の方向に歩くと後ろからクラクション鳴らされるのはビックリするけど逆に歩くとそれはそれで苦手なので悩ましい。

皆様はあまり気にされませんか。

 

町歩きは町の素顔が見えてくるのでゆっくりと見逃すことなく歩いてみたいです。

今の京都はコロナの影響でそこまで観光客がおらずいい感じでした。