フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報からパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

今日のパリ 今日のパン

パリから日々の徒然を

12月4日 2018 買い物とルイ16世

朝からバタバタしたので3時過ぎからパリ市内へ。
横に先ずは移動し、13区のタンフレールへ。
さすがに定休日明けとはいえこの時間は混んでいなかった。

やはりここの品揃えは日本人が生活するのに欠かせないものがまあ安く手に入るのがいいし、とても助かる場所です。

 

そのままオランピアから14番線でピラミッドまで。
14番線も全て自動化で運転手がいない。そして駅と駅の間が距離があるのでスピードが出るので急ブレーキの時の衝撃が半端ないので必ず座る路線。それでも吹っ飛びそうになるのはフランス人だからか、自動だからか。くれぐれも気をつけて乗ってください。

 

ちょっと頼まれものを買って、ラファイエットへ。
よくよく考えたらこのあとオデオンだからそこで買えばいいものをなぜかラファイエットへ。

 

オペラのところで土曜日ひと騒ぎあったようでここも信号が消えている。
そして悲しいことにパリのシンボルであるオペラ座に心ない落書きが。。。

 

f:id:p_p_paris:20181205233638j:plain

 

早く消さないとしみ込んでしまわないか。

 

ルイ16世はフランス革命で処刑された王だけど、彼は最後まで王としてのプライドがあったようです。この落書きをした人はフランス国民としてのプライドがないのだろうか。

フランス人は暴走すると見境なくなって処刑してしまう短絡さがあったけど、その短絡さを今も引きずっているように思えて仕方ない。

 

その後オデオンへ。田辺竹雲斎さんの竹細工を見る。

その名もGALERIE MINGEIというギャラリー。MINGEIという言葉は世界共通語なのかな。

 

その精緻な仕事はまさに日本人の持つ器用さと美意識なのだなと感動した。
日本でも竹細工見てきたはずなのに、なぜかいつも以上に感動した。

 

スペースが二つあるそうで、もう一つのスペースでは明日からまた違う作家たちの竹細工展を開催するそうだ。QUAI BRANLYでの竹細工展との関連イベントだそうだが、日本の竹細工がアートピースとして世界から高い評価を受けるエポック的な展示になったと聞いています。世界から見るとその仕事ぶりは驚愕でしょうね。

 

今日のパンはL'Artisan Des Gourmands

ここは朝に軽い朝食が食べれます。といってもコーヒーとホットショコラくらいですけどセットメニューがあります。

パンはすぐに食べるが一番なので旅行でパンを食べ歩く方はイートインをお勧めします。店員さんも感じいいからそういう点でもお勧めです。

 

f:id:p_p_paris:20181205234924j:plain

 

今日も見に来ていただきありがとうございます。

明日から少しLIDLの買い物が続きます。

 

 

12月3日 2018 まだ荒れるパリ

月曜日。学校が始まる月曜日ということでなんと高校(リセ)にてマクロン政権の打ち出す入試改革への反対デモが起こる。高校生でも逮捕者を出す騒ぎ。
さすがに政権も少し対応するようで、しかしながら「非常事態宣言」もちらつく物騒なクリスマス。

 

非常事態宣言なんてしたら観光客のかきいれどきに何するんとなるから、そろそろ収束しないといかんのだけどルペンさんはさらにデモを煽るような発言するしオイオイです。

 

昨日もシャンゼリゼ通は信号故障で、しかも凱旋門からコンコルド広場までと数キロにわたる故障で流石に警察が要所要所を手信号でさばく。道路の横断は「車にはねられるリスク」があるからくれぐれも慎重に。

 

f:id:p_p_paris:20181204200101j:plain

 

夕方そんなわけで混乱するシャンゼリゼ通。

 

本日のパンはお休みです。
今日も見に来て頂きありがとうございます。
混乱するパリなので観光に来る際は「気をつけようがない」こともあります。
例えば、空港からパリ市内の移動がデモがあると右岸から左岸への移動が大きく迂回する必要があったり(特にタクシー)、電車もいっときストップしたり、出口が急に封鎖されたりと予期し得ないことが起こり得ます。

時間に余裕を持ち、デモが予想される今週土曜日などはマレ(と言ってもバスティーユに近いから影響はあるか)とか左岸のボンマルシェ界隈(まあ平和)あたりで過ごしてください。

 

 

 

12月2日 黄色のベスト(チョッキ)で大荒れの翌日

今回の騒動はエトワール凱旋門付近が一番激しかったようです。

凱旋門といえば、フランス国民にとっては「聖地」のようで、例えば第一次世界大戦で国を守って亡くなった無名戦士が祀られています。先日の戦勝記念日でもセレモニーをやっていましたので記憶に新しいところ。

で、今回そんなところで暴れるわ、凱旋門に落書きをしちゃうわで、オイオイ何してんだよという気分でした。

 

凱旋門近くの16区あたりはいわゆるブルジョワ層が住むエリアなのでクルマが燃やされたり、放火もあったりとこの国が今抱えている問題を感じます。

 

昨日、凱旋門に行ってきました。

当然ながら凱旋門への出入りは終日禁止。地下通路も封鎖されていました。

そして凱旋門に通じるシャンゼリゼ通なんですが、騒動が予想されるときにガラスを割られて侵入されないように板が打ち付けられていました。まあ仕方ないとはいえ、ここ先進国ですよね?と疑いたくなる光景。

 

f:id:p_p_paris:20181203190021j:plain

 

f:id:p_p_paris:20181203190142j:plain

 

f:id:p_p_paris:20181203190313j:plain

 

f:id:p_p_paris:20181203190428j:plain

 

f:id:p_p_paris:20181203190552j:plain

 

 ルイヴィトンさんは恒久的な金属製のネットを設置していました。

 

これで「世界から観光に来てください」と言って誰が来る気になるのでしょうか。

 

f:id:p_p_paris:20181203193231j:plain

 

 昨日の影響からか、信号が停電していました。

 

f:id:p_p_paris:20181203193400j:plain

 

でもイルミネーションは通常通り。今年は「赤」

f:id:p_p_paris:20181203193509j:plain

 

土曜日も騒乱の後はライトアップだったそうです。

 

f:id:p_p_paris:20181203193622j:plain

 

2駅歩いてFranklin D. Roosevelt駅まで。

ブランド街であるモンテーニュ通もライトアップされていました。
こちらの方が華やかな印象がしました。
ただショーウインドウは残念ながら一部板張りのまま。

 

f:id:p_p_paris:20181203194000j:plain

 

 

 

 

 

 

12月1日 また黄色のベスト(チョッキ)で大荒れのパリ

今朝は雨。そして予告通り黄色のベスト(チョッキ)で大混乱。

凱旋門シャンゼリゼ、Champ de Marsが朝から閉鎖。
メトロもコンコルド駅周辺一帯が閉鎖。
いっとき、アンバリッド、コンコルド、マドレーヌと3駅も閉鎖。

そして極めつけはラファイエットが営業時間内にも関わらず一帯で催涙ガスが発射された影響で緊急閉店とか。店内1階に催涙ガスが充満しかなりの騒ぎだったそうです。
これは先のテロ以来だそうです。

かくいう私もオペラ付近にいた影響で催涙ガスで目が痛い。

 

黄色のベスト(チョッキ)というのは

 

f:id:p_p_paris:20181202051644p:plain

 

これで、大手企業が例えば小学校の登下校を見守る人たちに企業名入りで配っていたり、パリ市内を掃除する人、工事に関わる人など比較的どこにでもあるもの。

よく、そこに目をつけたな〜と思う。

そしていわゆるブルジョワでもある「ホワイトカラー」との対比としてもうまく機能しているなと思う。

 

この運動というか、単なる大暴れは3回目で鎮圧をしっかりとしないから、かなり低年齢層にも広がり、さらに体制に不満を持っていた層にも広がりと回を重ねるごとにひどくなっています。一部地域では黄色のベスト集団が自治権握ってしまい警察が機能していないような光景も見ました。
体制側は、ガス抜きのため、まあ暴れさせておけばいいやという認識の甘さもあってパリ市内略奪は起きるは車が燃えるは警察との大衝突は起きるは、バスは右岸側ことごとく運休するわ、メトロやRERは運休や駅の閉鎖が相次ぐはで正直大迷惑。

 

気をつけていたけど催涙ガスは結構広範囲に渡るからやられました。

 

今日の右岸は本当に酷かった。

11月25日 2018

朝から雨。昨日の騒乱の影響がまだ出ているようでエッフェル塔周辺がどうもだめっぽい。

 

リュクサンブール公園内のリュクサンブール美術館でミュシャを見る。

museeduluxembourg.fr

 

f:id:p_p_paris:20181126131605p:plain

 

1900年、19世紀初頭のパリを彩ったジスモンダなどミュシャらしいポスターから後半の油彩まで流石のパリのキュレーションという内容で、ミュシャを再評価していました。やはりミュシャといえばポスターの女性に代表される一連の作品群があまりに有名過ぎてそれしか目がいかないように思います。しかし、いかにデッサン力があり、いかに対象をしっかりと捉える目を持っていたか、そうしたことが下絵とその下絵を元に作られたポスター、後半の宗教画に近いような油彩などから伝わりました。

 

雨にも関わらず、約1時間くらいの待ち時間。予約して行くことをお勧めします。

公園も紅葉がキレイで晴れていたら散策するのに少し寒いけどいいかもしれません。

 

今日のパンはお休みです。

 

 

11月24日 2018 パリ大混乱の日

gilets jaunes 黄色のチョッキの日のパリ。

朝からシャンゼリゼ周辺が封鎖されていたようでそれくらいと思っていたらとんでもはっぷん。

あちこちから煙が上がるは、暴動は起きるは、交通網は途絶するわで、こんな日に観光にきていたらたまらんだろうな。

マドレーヌで催涙ガスを初めて吸ったりと散々な1日。

 

夜は夜でマドレーヌで道路で何か燃えているしで

 

詳しくはyoutubeでどうぞ

 

www.youtube.com

 

f:id:p_p_paris:20181125060532j:plain

 

マドレーヌ、コンコルド、その辺りがかなりひどいです。

 

 

11月23日 2018 ブラックフライデー当日

今朝はパンも買わずあるもので済ます。
朝、JALのHPを見たらブラックフライデーで割引があると書いてあった。
ブラックフライデー、日本でもあるんですね。

 

ブラックフライデーってLIDLの広告で気づいたんですが日本では2016あたりからなんですね。知らなかった。

ドイツベルリンでは全くそうした案内を見ませんでした。

 

ブラックフライデー (買い物) - Wikipedia

 

少しベルリンに行っていたから気づかなかったけど早いところで月曜日からセールは始まっているようだ。どのお店も30%オフがどうも主流のようだ。FnacでiPhoneが安いと見て行ってみたけど「う〜ん」という内容。

で、ネットで買い物するフィレンツェのお店は25%引き。
日本ではセールしないブランドなのにセール価格。

これはすごい。買ってしまいそう。

 

で、夜今は雨なのだが、今日からイルミネーション解禁(?)でした。
一気にクリスマス、そして年末の気分満点のパリ。

 

f:id:p_p_paris:20181124065155j:plain

 

近所のイルミネーションも今日からでした!

 

本日も見に来てくださりありがとうございました。

情報の旬に気をつけて今日更新しました。

しばらく書いていない日の過去記事とベルリンネタ、そして今日のパリの三本立てが続きますのでお付き合いください