フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

RIMOWAのカバンはまだセールしているのか その1

ただいまパリはsoldesの真っ最中。

以前はsoldesの時にRIMOWAのカバンがセールするよっていう記事を見たので今もやっているのか偵察に行ってきました。

 

パリでRIMOWAのカバンの買えるところ

  1. ラファイエット
  2. プランタン
  3. ボンマルシェ
  4. 直営店

以上が代表的なところになります。

あとはla bagagerieというパリに何店舗かあるお店とかにあります。

 

今回はトロカデロ駅から10分くらいゆっくり歩いた先にある

www.centre-les-belles-feuilles.com

というお店へ。Belles Feuillesというショッピングモールの中にあります。

 

残念ながらセールはありませんでした

先に結論書いてしまいますがRIMOWAはセール除外でした。

え〜じゃなんで記事にするんだよ〜と思った方、ぜひ次からお読みくださいませ。

 

ここ、ラファイエットやプランタン、そして直営店と異なり、中国系のお客様の爆買いで欲しいものが見当たらない時ぜひ見てください。

特にフランス人がヴァカンスにいく前後(3月、夏、10月、そして11月後半)はRIMOWAがこれでもかってくらい入荷して外に片付けきれないダンボールが積み上がっていました。それくらい色もサイズも充実しております。

 

f:id:p_p_paris:20190120174937j:plain

奥の正面に大量にあります。

 

f:id:p_p_paris:20190120175038j:plain

アルミのスーツケースもドンドンドンと。

 

なぜここはこんなにあるの?

フランス人はヴァカンスに行く際は皆マイスーツケースを持って出かけますが、ほとんどの人がノーブランドの安いものを買い、壊れたら買い換えるというサイクルだと思います。結構ヴァカンス明けにスーツケースがゴミになっている光景を目にします。

 

ところがこのショッピングモールのあるエリアは「いわゆる富裕層」が多く住んでいるので皆ブランドのカバンで出かけるから売れるという背景があるようです。

 

実際にRIMOWAのカバンを3個とか買って行く光景見たこともあり、商品の回転もかなり早いように見受けられます。入荷すれば間違いなく売れるのでドンドン仕入れる、そんな感じですね。

 

先に書いた代表的なお店は中国系のお客様で在庫が少なく、直営店ですら展示のものしかないなんてこともあります。免税手続きすれば日本で買うより安いと思うので保証をと思って調べたら、なんと「林五」が代理店撤退しているではないですか!

 

ということは保証が国際保証になるからパリの正規代理店で購入すれば保証が受けられますね。

 

免税受ければ10%ほど日本より安いかなと思いますので気になっている方ぜひご検討ください。

時間を買って楽天で購入するのも手です。

 

 

f:id:p_p_paris:20190121003200j:plain

 

トロカデロはエッフェル塔が素敵に見えます。

この日は満月に近いので月とのツーショット。