フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

1月17日 4段落ちの日 息のあったお店たち

日本でいう「松の内」が終わったパリ。

 

f:id:p_p_paris:20190117070237j:plain

f:id:p_p_paris:20190117070302j:plain

 

飛行機雲が縦横無尽に描かれていました。

 

クリスマスツリーが片付けられ、街の電飾も撤去されすっかりいつも通りのパリ。

特別感が消えました。残念。

 

で、例のお店たちはというと

 

 

p-p-paris.hatenablog.com

 

f:id:p_p_paris:20190117070509j:plain

 

クリスマスの衣装からガレット・デ・ロワになりました。

まだもう今週だけありそうな感じがしました(ピシャールにもガレット・デ・ロワがまだありました)

 

f:id:p_p_paris:20190117070625j:plain

 

こないだ、ここはいないなと思った間の一軒にもいました!保険屋さんでお堅い仕事なのに。

 

とうとう並びの5軒全てが歩調をあわせています!

 

f:id:p_p_paris:20190117070737j:plain

 

ここのクマさんはなんと嫁をもらったようです!マジか!

もう大爆笑。

 

f:id:p_p_paris:20190117070833j:plain

 

でもここは変わらず。

このお店の人のブラックユーモアがツボです。

 

でも5軒全てで足並み揃えて何かしらの趣向を凝らしたクマたち。

5区はクマブームなのか、もう一箇所少しだけ離れたところにもこのサイズのクマがおりましてテーブル1つを占拠しておりました。

 

パリのショーウインドウ、要チェックですよ〜