フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

2月の沖縄へ 沖縄での運転は細心の注意と保険はフルカバーで

4度目の沖縄へ行ってきました。

沖縄はゆいレールが出来るまで鉄道がなかった県でしたね。

ゆいレール那覇だけなので、島内を周るために車は必須ということで観光客はレンタカーを借りて観光します。

 

沖縄でのレンタカーといえばスカイレンタカーです。

今でこそLCCのような安いレンタカー屋も増えていますが、10年前は大手かスカイレンタカーしかありませんでしたのでそちらを利用しました。

当時はスカイレンタカーは圧倒的な安さでしたが、現在はLCCのようなレンタカー屋が金額としては圧倒的に安いです。しかしながら送迎、貸してくれる車両など細かく見ていくとスカイレンタカーが内容と金額が見合っているのでオススメです。

 

 

空港で送迎してもらってレンタカー会社のカウンターで一斉に手続きを開始するのでお隣の声が聞こえるのでわかるのですが、結構な確率で「保険は最低」という内容であんしんワイド保険に入らず車を借りる人がいます。

ところで万一の事故の時、車の修理代以外に、修理期間中に車を貸し出せなかったことによるレンタカー会社の損害も賠償しないといけないという「ノンオペレーションチャージ」という言葉を聞いたことありませんか?

事故の程度により、2万円、5万円という金額が設定されていますが、あんしん保証ワイド保険に加入するとそれが無料になるだけでなく、パンクなどのトラブルやガラスへの飛び石も保険でカバーしてくれます。沖縄で1日800円のプラスだそうで、2泊3日という沖縄旅行で一番多いパターンで期間中2400円ほどなのに入らない人が結構いますが、絶対に入るべしだと思います。

 

この旅行中も片側2車線の道路の合流ポイントで、合流してくる地元の方の運転する車の右前と本線を走っていたレンタカーの左後ろがぶつかったらしく事故検分していました。

車両の左後ろにぶつけられたら「もらい事故」に近い避けようのない事故なのだけど過失割合は0ではありません。

そういう時に保険が最低だと旅行から帰ってからもレンタカー会社へ損害を賠償しないといけないので保険はしっかり入りましょうね。