フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

イタリア料理DueMani

イタリア料理DueManiへ。

ここは東京の神楽坂jokogumoオーナー小池梨江さん著「行ってみたいトコロ盛岡」で紹介されていたところ。

 

お店が倍の広さになっても以前と変わらずでした。

以前は「よくこの狭さでやっているな。東京ならわかるけど」という狭さでの営業でした。お隣が空室になった際に隣も借りて倍の広さになったと聞いた時はあの狭さはある意味すごかったので先ずはそれがなくなったのが残念だったのと、次に店を拡張すると大抵味が落ちたりするから余計に残念に思っていたのですが杞憂に終わりました。

 

広くしたのは食材を保存する冷蔵庫を持ちたかったそうで、ワインもあわせて収蔵できるヨドコウ並みのサイズの大きな冷蔵庫が新しいスペースにドンと設置されていました。そしてカウンター6席ほどとテーブル1席しか増えておらず、そんなにギッチギチにお客を押し込むというより余裕を持って座ってもらえるように配慮されていそう。

以前のスペースで収容可能なキャパシティを倍になったスペースで収容しようという感じかな。

 

f:id:p_p_paris:20191210092738p:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210092734p:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210092729p:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210093019j:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210092521j:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210092527j:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210092534j:plain

イタリア料理DueMani

f:id:p_p_paris:20191210093034j:plain

イタリア料理DueMani

 

いいお味でした。ランチもやっているのでお試ししたい方はランチからどうぞ。

 

ここのシェフは朝に青龍水で料理に使う水を汲みに行き、フロアを担当する男性は休日に山へきのこ採取に出かけ新鮮な食材を確保するなどアクティブかつお客様を大切に思う心で溢れています。

 

私は雑誌に載っていたりする店は外してしまうへそ曲がりです。先に紹介した「行ってみたいトコロ盛岡」の著者の盛岡愛はお店へ何度も伺ったこともあるから知っていましたから、そういうかたがお勧めするお店であるなら行ってみようというきっかけにはなりました。でも最後はやはり自分の勘。前回も今回もいい雰囲気なのが外からも伝わりいい感じのままでした。