フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報からパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

今日のパリ 今日のパン

パリから日々の徒然を

ここまで不味いか! 驚愕です。

ちょっと気なるパン屋がありました。
フランスで有名なfood系のサイトにもよく紹介されています。

1回下見した時、「あれ?」と思った嗅覚を大切にしなければいけませんでした。

 

2回目の時、「あれ?」と思ったけど食べてみようと思って、でもダメージの少ないクロワッサンを購入。

 

クロワッサン 1.1ユーロ

 

f:id:p_p_paris:20180611202830j:plain

 

 

 

写真でお気付きの方があるかと思いますが、ダメな感じがします。
外がパリッとした感じがなく、輝きも少ない。何よりパンに力がない。

 

食べてみましたら、

 

 

ここまで不味いパンは初めてでした。

 

なんなんだ!というくらい不味いです。

 

半分しか食べる気になれず(半分食べたんだ〜というツッコミなしでお願いします)

 

家で焼き直しあたためました。

 

通常、焼き直して焼き立てならなんでも食べれそうじゃないですか
(そう思うの私だけ?)

 

期待を見事に裏切りました

 

教訓

 

不味いものは何をやっても不味い

 

不味いところをあげてみます

 

  • 水分が飛んでいる
    焼き直して水分が飛んだ以前のパンの水分量が少ない

 

  • これクロワッサンかいと驚くほどのバターの少なさ

 

おそらくなのですが、

 

冷凍したパンを解凍に失敗して前日に焼いたもの

 

もしくは

 

 

冷凍したパンを解凍して焼いて残ったから、また冷凍して解凍せず出したか、少し焼いて出した

 

 

である可能性が高そうです。水分がここまで抜けることって通常では考えられないんです。

 

ここまでお客をバカにしている店はないですね。

 

安いスーパーの20セントの冷凍を焼いたクロワッサンでももっと美味いのに。

 

パリのパン屋は日本のコンビニ並みに数が多いです。

数メートル先にパン屋という超過当競争です。

 

 

夕方になるとケーキ類をトレイに戻して冷凍する光景を時々見ます
毎日残ったものを廃棄できるほど余裕がないようです。

 

流行っていないパン屋さんは近くても利用せず、10分も歩けばどこかいいパン屋さんは必ずあります。美味しいパンをパリでは毎日食べましょう。

 

 

場所は18区のメリーの近くです。