フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報とパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

パリでアパートを探す 13 エレベーターは必須です

意見がわかれるところですが、

 

 

エレベーターascenseurは必須です

 

 

そもそも

 

築100年の建物は建った頃にエレベーターが設置されているものは余程の建物だけでしょう。パリだとエッフェル塔に、スタートがアメリカのようなのでアメリカの公共建築に導入されていたんでしょうね。

 

当時かなりの高級品だったようですね。

 

 

なので

 

エレベーターは建設当初ついておりませんでした。

その後、普及が始まり、螺旋階段の中心点が大きいところなどに後付けで無理やりエレベーターを取り付けています。

 

階段室の構造によっては取り付けられないことも

 

 

築40年くらいのものも、エレベーターの重要性がわかっている物件にはついていますが、そうじゃないところも結構あります。

 

ついていても、築100年のところだと2人が定員の小さなもの

築が新しいところで5人とか小さなものしかついていません。

 

それゆえ、パリは引越しともなると昇降機のついた車を道路に停めて荷物を上げ下げしているんですよね。この辺も考えればわかりそうなのに、テキトウですね。

 

というか毎日寝るそのベッド、どうやって部屋まであげたの?

だから組立式の家具が多いようです。

 

 

エレベーターは必須です

 

エレベーターがないステューディオは地獄です。

 

ステューディオ=屋根裏部屋なので、最上階もしくはその下というロケーションです。

毎日、階段で7階、8階、それ以上に上がったことありますか?

慣れるとか、若いとか、そんな理由は数日でぶっ飛び、後悔しますよ。

 

エレベーターがないステューディオにお住いの方は

 

一度部屋に入ったらもう出たくない

 

とか

 

洗濯や買い物を一度で済まそうとするとすごい荷物

 

とか

 

そんなことをおっしゃる方がほぼ全員です。

 

そしてこちらの階段は狭かったり、しかも長年使われすり減り、ふみしろがうねっていたりするので足を踏み外すこともあります。

 

それを荷物を持ってやったら危険ですよね。

 

そして買い物、結構重たいんですよ。

かなりの筋トレというかもはや修行を超えて苦行ですよ。

 

 

物件として数は半分以下になりますが、

 

エレベーターは必須アイテムと覚えておきましょう。

 

行動を自由にしてます。