フランス、パリのパン屋、パティスリー情報など最新のパリ情報からパリでワーホリ、パリで学生など暮らしたい人向け情報のサイト

今日のパリ 今日のパン

パリから日々の徒然を

Ernest & Valentin

雰囲気良さそうで入ったお店

外に賞をとったシールが貼ってあります

 

f:id:p_p_paris:20180719015928j:plain

 

と言いつつ写真撮り忘れ。

2015年の賞のようです。

 

今回はバゲットビエノワーズ

 

f:id:p_p_paris:20180719020218j:plain

約30cm 1ユーロ

 

f:id:p_p_paris:20180719020504j:plain

 

いい感じですが

 

f:id:p_p_paris:20180719021534j:plain

ちょいとピンボケです。

 

バケットビエノワーズは美味しい時間が短い

 

ピシャールでもそうなのですが、バケットビエノワーズは焼いてから数時間(〜3時間まで)が美味しい時間です。

 

それ以降になると表面が少し緩くなり、そして中から水分が抜けているのがわかります。

 

今回、やはりと思ったんですが

 

バケットビエノワーズは朝イチに買うべし

 

このパンも多分朝は美味しかったと思います。

バゲッドはいい感じでした。そっちにしようか迷ったんですよね〜。

 

おまけ

 

パン屋で1日に何回も焼くものはバゲットだけです

 

つまり、夕方にクロワッサンを買うのは「残りものを買うこと」と同義です。

 

ピシャールでも朝から昼にかけて焼き上げ、夕方にはクロワッサンなどほぼ売り切りです。

 

そして閉店までバゲットだけを売っていく

 

やはり焼きたてに勝るものなしです。

 

パン屋で買い物するのは基本午前中。

バゲットのみ焼きたてがあるかチェックして買うべし

 

ピシャールは夕方6時くらいはほぼ焼きたてです

 

同じことがパティスリーでもいえます。

 

基本午前中に買うべしもしくは開店から1時間から2時間で買って、そしてすぐに食べるべし。

 

それを痛いほど思い知らされました。